最近ではネットビジネスが浸透してきて、インターネットを利用している多数の方々が今現在のネットビジネスの形に馴染んできていることであろうと思います。
最近の代表的なネットビジネスと言えば、アフィリエイトやブログやネットショップ運営やクラウドワークス等、その種類は多岐に渡ります。中でも、最近主流であると私が判断しますのが、個人事業主として開業するネットビジネスと、ライティング作業等を行い主婦層に人気が高いクラウドビジネスであると言えると思います。

ネットショップにつきましては、個人商店でしたら、色々と準備や資金や書類関係に時間を所要する所で有り、ある程度の知識も必要になってきますが、インターネットショップ開業では、そのノウハウは、初歩的なスキルで運営できる可能性があることです。

最低限ワード程度のライティングスキルがあるようでしたら、ホームページの開設はプロの方に任せるような形で、その更新方法等についても、依頼した会社に問い合わせるような形でスムーズに運営できると思います。

ネットショップでは、個人の持ち物を販売すると言う方が多いようで、そのネットショップの一つの形に「メルカリ」が挙げられると思います。メルカリでは、簡単にスマホかアクセス可能で、自分の販売したい商品をスマホで写真撮影した後にメルカリのホームページからアップロードすると言うことが可能であるため、非常に便利で手軽なフリーマーケットアプリとして大人気であります。

中には、手芸製品として自分自身で手掛けた作品をメルカリで展示販売されている方も多く、自宅に眠っていて使わない価値の高い商品等を思い立った時に販売することができますので非常に便利なアプリソフトであると思います。実際に自分が欲しい物を検索に掛けてみても大量にHITしますので、現在のフリーマーケットの形は、メルカリであるとも認識しております。

また、基本的にメルカリは個人同士での直接やり取りと言う形になりますが、メルカリは場所と言うネットショップ的なお店を両社の間に挟むことと、お金のトラブルがつきものであると思います。

そんな時にメルカリ事務局が間に入ってくれますので、第三者的な目線で牽制してくれますので、非常に良いシステムとなっております。メルカリは、利用する方法が二種類ありまして、その大きな特徴を説明していきたいと思います。

メルカリを購入者として利用する場合は、

1、商品を購入

2、代金の支払い(クレジットカード、売上金、ポイント等で支払う)

3、必要に応じて取引画面でメッセージのやり取り

4、商品が送られてくるのを待つ

5、受け取り評価

6、相手が評価したら取引完了
と言う流れになります。

 

反対に出品者として利用する場合ですが、

1、商品を出品

2、必要によっては値下げ交渉に応じる等の交渉や質問等の対応

3、購入されたら通知が届く

4、必要に応じて取引画面でメッセージのやり取り

5、商品を発送

6、相手が受け取り評価したら評価して取引官僚
それぞれ購入者側と出品者側での流れを説明しました。

フリマアプリの盛況具合からして、まだまだインターネットビジネスとしてのフリマアプリの人気は続きそうです。