「ネットビジネス」とは、自宅を作業場として仕事をするスタイルをとっている個人事業主のことを言います。「個人事業主」とは、どこからも雇用されない働き方のことです

ネットビジネス場合、雇用されていないという事は労働時間や作業手順などにおいての決まりはないという事で、仕事の管理は全て自己責任となります。そのため、家事や育児、介護などといった自分の生活事情に合わせて働く時間や仕事の量を決められるところが長所のひとつといえるでしょう。

一方で、雇用されて働くスタイルではないという事は、労働基準法が適用されないのが難点と言えます。ネットビジネスについては労働基準法ではなく、厚生労働省が定めた「ネットビジネスの適正な実施のためのガイドライン」によって保護されることになります。このガイドラインでは発注者との契約条件について触れており、契約条件の文書明示や、報酬支払いについてなどが主な内容となっていますが、これはあくまでも「法律」ではないので、結局は何かあっても自己責任になってしまうのが現状です。

ネットビジネスと内職は違う
自宅で働くスタイルといえば、「内職」というものもあります。それでは、ネットビジネスと内職は、別物なのでしょうか?

内職の場合は、内職を斡旋する会社に登録して仕事を受けるようなスタイルとなっているため、自宅で仕事ができるというだけで雇用されて働くスタイルに近いことが特徴です。内職の労働者は、「家内労働法」という法律で保護されます。
また内職での賃金についても、各都道府県ごとに最低賃金の設定があります。これは、管轄の労働基準局で確認ができるようです。

 

在宅でお金を稼ぐ在宅ワークでは、ひと昔前では「内職」が最も有名で人気がありました。

しかし、内職は冒頭でもお話した通り、労力の割にお金を稼ぐことができないため、あまりおすすめできる副業・在宅ワークとはいいきれません。

今の時代で、最もおすすめの在宅副業、在宅ワークは間違いなく「ネットビジネス」です。
今回ご紹介する在宅ワークとしてのネットビジネスも全て安全に、かつリスクなく稼げるものですので、安心して取り組んでみてください。