アフィリエイトに取り組むときには、自分のブログなどに貼った広告を見てもらわないといけません。
つまり、その広告に注目をしてもらう必要があります。
しかし、人によっては1つのページにアフィリエイト広告以外の広告を貼っているケースがあります。
アフィリエイト広告以外の広告を1つのページに貼ることがいけないわけではないものの、アフィリエイト広告よりも目立つように広告を貼ってしまっているケースがあるのです。
また、1つ1つは目立ちづらいが、アフィリエイト広告以外の広告の数があまりにも多い場合にも、アフィリエイト広告が目立ちづらい状況というのもあります。
こういったケースでは、アフィリエイト広告自体が目立ちづらく、他の広告に目がいってしまう可能性があります。
例えば、Googleadsenseのような他の広告が注目されれば、そっちで稼げる可能性があるので、一概に悪いわけではないものの、アフィリエイトとそっちの両方で稼げた方が良いと思うのです。
したがって、そうやってアフィリエイト広告とそれ以外の広告を同時に使っていくときには、双方がともに目立ちやすいような配置にしていくということも考えましょう。
例えば、アフィリエイト広告は記事の下部あたりに掲載して、それ以外の広告はサイドバーに載せておくとかすると、位置に違いが生まれるので、両方が混在するような状況にはならないでしょう。
アフィリエイト広告に注目をしている間はそれ以外の広告は目に入ってこないような、そういう位置関係にするということをしておけば、一方の広告が目に入ったときにはもう一方の広告は見えないような状況になりますから。
そうやって、アフィリエイト広告自体を目立たせるということも重要なので、アフィリエイトに取り組むときには気を付けましょう。
アフィリエイト広告以外の広告も同じブログやサイトに載せていけば、それだけ稼ぐチャンスが増えるので、アフィリエイト広告とは別の広告を同じブログやサイトに載せること自体は問題ないと思います。
しかし、掲載の仕方を工夫しないといけないと思いますから、そこは絶対に知っておいてほしいです。
また、アフィリエイト広告以外の広告を貼るときには、あまり数を多くしない方が良いと思います。
数が多くなるということもアフィリエイト広告が目立ちづらくなる原因になりますから。
アフィリエイトで稼ぎたいと思っているならば、広告の貼り方に関する注意点として、ちゃんと頭に入れておいてほしいのです。